エントリーをしなければ負けは無い

エントリーをしなければ負けは無い

エントリーのタイミングというのはこれは決まりきったタイミングというのは存在しませんが、結果として無駄なエントリーを避けるのは、損をしないために大事なことです。

スポンサード リンク

これは特にデイトレード、しかも超短期の板読みデイトレードでよくあることだと思うのですが、「今だ!」と思ってエントリーをしても、あとから考えてみると早すぎたり遅すぎたりしたかも?ということがよくあります。

板が激しく動いていると、ついついエントリーしたくなることもありますが、実際にエントリーをすると、初動付近で乗れていなければ板読みのデイトレードでは苦しいことが間々あります。

そういう時の合言葉が「エントリーをしなければ負けは無い」。

特にこれは、1日の収支がマイナスの時に心理的に発生してしまうことが多くあり、結果やればやるほどどつぼにはまる状態になってしまいます。

負ける⇒焦る⇒焦ってエントリー⇒また負ける⇒より焦る⇒焦ってエントリー⇒負ける⇒・・・というループを繰り返し、最悪の場合、⇒投げやり、ということになってしまうこともある可能性があります。

現にデイトレードをしだした時の管理人は投げやり状態にまでなってしまうことがたまにあり、せっかくコツコツ稼いできた資産を、わずか1日でマイナスにまで転じさせてしまう、まさにコツコツドカンの典型を地で行っていた時期がありました。

特段1日のなかで必ずプラスにしなければ死ぬ訳ではないので、こういう場合は「1日○万円以上負けたら強制終了」などというマイルールを作成しておくことがまず大事かと。

精神的な面が特に板読みのデイトレードは大事になってきますので、無理のない範囲での取引をこころがけたいですね。

それはただ単に収支という面だけではなく、手数料という面から考えてもお得ですので。



スポンサード リンク

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabu-blog.net/mt-tb.cgi/53