信用取引とは

信用取引とは

良くも悪くも株の話になると出てくる信用取引。まず信用取引とはそもそもどのような意味なのか?

スポンサード リンク

信用取引とは、株式や株式購入の資金を証券会社より借り入れて株の売買を行う投資手法のことを指します。

現物取引の場合、株を買う時は株式代金そのものの金額を払う必要がありますが、信用取引の場合、買い付けた株式や売りつけた株式代金そのものを投資家が手にすることはなく、あくまで売買によって生じた差額のみを受け取る、または支払います。


信用取引を行う場合には、まず証券会社に申請して審査に受からなければなりません。

というのも、自分の資金力以上の取引が理論上できてしまうので、そのリスクや仕組みを理解していないと、最悪の場合借金状態、ということになるからです。

また株式や資金を借り入れて株の売買を行う際には、委託保証金と呼ばれる担保を口座に預け入れる必要があり、これにより委託保証金を超えた金額(通常は3倍前後、証券会社により異なる)での売買が可能となります。


また信用取引の最大のメリットとして「空売り」ができるようになることです。

信用口座を持っていないと現物買いでしか市場に参加することはできませんが、信用口座も持っていると、売りから市場に入ることができるようになります。

つまり、投資の選択肢が一気に広がるわけです。

たとえば、買い銘柄と売り銘柄を同時に持っていれば、その分片方に動いた時のリスクが分散できますよね。

私自身、ほぼ買い銘柄と売り銘柄をセットで持つようにしています。


信用取引には他にも配当金に関すること、金利に関すること、逆日歩に関することなど様々ありますが、大事なことだけまとめておきます。


・信用口座を持つと「空売り」で市場に参加できるようになる

・信用口座を持つと自分の資金量の3倍程度で取引することが可能になるも、それだけのリスクが必ず存在するので、おのれのリスク許容度にそって取引することが大事

・買いで入った場合、最大の負け額は株価が1円になった場合ですが、売りの場合は負け額の際限がない。


よく「信用取引は危険」と言われますが、自分で資金をコントロールできるのであれば危険ではありません。むしろ有効な手段です。

危険となるのは、資金コントロールができない人が信用口座を持った時です。


スポンサード リンク

タグ

2011年1月20日||トラックバック (0)

カテゴリー:信用取引について

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabu-blog.net/mt-tb.cgi/10