優待狙いと逆日歩

優待狙いと逆日歩

株主優待を狙う時によく行われるのが、「現物買い」と「信用売り」を同時に行い、それぞれ同数の株数を持つことで、株価がどちらに動いても±0という形にし、優待だけを狙うという方法です。

スポンサード リンク

一見するとノーリスクで優待を狙えて非常にお得に見える方法ですが、一点注意しておかなければならないことがあります。

それが「逆日歩」です。

逆日歩とは、大ざっぱに言いますと、売りの枚数が増えすぎて株が不足した時に追加でかかる費用のことで、これは通常の信用取引で発生する金利とは別にかかります。

そして何より、逆日歩は株の不足数に応じて変化し、株が不足すればするほど逆日歩の値も高くなります。


ここで話を優待狙いに戻すと、もし優待狙いを行う人が全員「現物買い」と「信用売り」を同時に注文したとすると、その「信用売り」分の株が相当数必要になります。

ということは、優待狙いを行う際には、ほぼ発生してしまうことになるわけです。

そしてこの逆日歩、結構バカにできない費用になります。


例えばA株を2000株売り建てしていたとして、その時に1株2円の逆日歩がついたとします。

この場合、1日で2000株×2円=4000円の逆日歩が発生してしまいます。

この時に、優待の価値が例えば3000円分だったとすると、差額1000円分を実質損してしまうわけですね。


もしあなただけが
「現物買い」と「信用売り」を同時に注文するような状況であれば株不足も考えられないのですが、現実問題多くの方が行っている手法なので、優待の価値以上に損をしてしまうこともしばしばあります・・・。

これが嫌だというのであれば現物買いのみを保有するという手段もありますが、

・権利落ち日は大抵前日の株価より下がる
・現物買いのみとなるので、値下がりが起こった分損をする

ということを考えると、あまりオススメできる手段ではないなと。


もし「現物買い」と「信用売り」を同時に注文して優待を取りにいくのであれば、優待狙いの注文は寄りと引けでしか発生しないので、まず前日・前々日から狙いの銘柄の貸株状況をチェックしておく。

そして、逆日歩が発生していないか、もし発生していたなら1株いくらかかるか。

さらに当日の前場寄り・前場引け・後場寄りの注文状況から、どのぐらいの売り建てが入り、結果的にどのぐらいの株不足が発生しそうか?

そういったことを見計らってやることが、優待狙いで得をする方法の1つだと考えます。

スポンサード リンク

タグ

2011年3月23日||トラックバック (0)

カテゴリー:配当&優待狙い

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabu-blog.net/mt-tb.cgi/14