ロットのコントロールは難しい

ロットのコントロールは難しい

28日の日本市場は寄りは高かったもののそこから落ちていく展開でしたね。新興市場の方はプラスでしたが。

スポンサード リンク

さて取引内容ですが、まずは朝はSBIホールディングスの買いと川崎汽船の売りから参戦。川崎汽船の売りは早めに決済し過ぎてしまいましたが一応プラスなのでよし。SBIホールディングスはご発注で最初100株しか約定しませんでしたが、落ちてきたところで800株買い足して、それが結果的に正解。ただロットを少なめに持ってしまい、思ったほど利益が取れませんでした。

またザラ場では大和証券グループ本社の買いとユーグレナの買いで参戦。大和証券グループ本社は1%弱取れて満足な取引でしたが、ユーグレナは散々入ろうか入らまいか悩んだあげく最低単元だけ入ってすぐ損切り。率としては1.8%前後のマイナスなのですが、最低単元が100株で160万ぐらい必要と他の銘柄のロットを大きく超えており、それがマイナスとなったので結構痛手でした。

結局、今日の収支は手数料込みで約20000円のプラス。ほんと久々にプラスで終われたのは何よりですが、ロットのコントロールという課題が残った日でした。

基本、100万円いかないぐらいのロットで取引しているのですが、最低単元が超えるものに関してどうしようかと検討中です。全く取引を行わないか、それとも値動きが荒くないものだけ入るか。今日のユーグレナとかは完全に値動き粗めの銘柄なので、ロットの条件が合わなければスルーすべきものだったと思います。逆にSBIは少なすぎるといった感じで、一律100万円前後の方が良さそうだなーと感じていますね。

損切りに関しては逆指値の利用でほぼ自動的に切れるように設定しているので、あとは利確のタイミングや仕掛けのタイミング、銘柄選びなどその他の要因が大事そうです。あまりにも損切りが多すぎればそこらへんがミスってるってことになりますので、ロットと合わせて要検討課題、ですね・・・。



【今日の取引】
■持ち越し銘柄決済
無し


■デイトレード

2931 ユーグレナ 買
15990円⇒15700円 100株 -29000円

8473 SBIホールディングス 買
700円⇒726円 800株 +20800円
708円⇒726円 100株 +1800円

8601 大和証券グループ本社 買
483円⇒489円 2000株 +12000円

9107 川崎汽船 売
162円⇒158円 4000株 +16000円


今日の収支(手数料・金利等込)
+20499円



【現在の保有ポジション】
■買い銘柄:2銘柄

■売り銘柄:2銘柄


【今月の収支(手数料・金利等込)】
-80943円


【今年の収支(手数料・金利等込)】
-80943円

スポンサード リンク

タグ

2013年1月29日||トラックバック (0)

カテゴリー:トレード日記

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabu-blog.net/mt-tb.cgi/382