指針が立ちました

指針が立ちました

ダウが大幅下落し、日経もそれに合わせる形で下げて始まりましたが、なんとか踏みとどまった形に最終的にはなりましたね。

スポンサード リンク

ただ上値の重さは相変わらずなので、安易に反発というのは見込めないのが現状でありましょうか。


さてさて今日の取引ですが、持ち越し銘柄を3銘柄、デイトレードで2銘柄の計5銘柄を取引しました。

中でもエルピーダメモリには16%超えのマイナスとなり大きくやられました。またその他の大阪チタニウムテクノロジーズ、東邦チタニウムにも5%近いマイナスとなってしまい、今日の収支は散々。

デイトレードで少し取り戻せたはいいものの焼け石に水状態です。トータルで約7万円のマイナスとなりました。


ここ最近、ずっとどういうストラテジーの組み合わせにしようか悩んでいましたが、とりあえず指針が立ちました。

今まで買い戦略の方が運用資金が大きく、そのため今年のような相場では派手にマイナスとなっていましたので、まず買い戦略と売り戦略の運用資金をやや売り戦略の方が大きくなるように設定しました。

これは売り戦略の方がどうしても取引回数が少なくなってしまう理由からです。

同じ金額同士を運用していると、どうしても買いの方が銘柄数も多いですし、結果的に買いの注文ばかりになってしまいますので。

またいくつかの買い戦略を停止、少なくとも2つ停止して、上昇トレンドに転じそうになった時にその運用を開始するという若干裁量が入る形にしました。

どうやって上昇トレンドを判断するかは秘密です。

そしてバランスを取るために、新たに2つほど新しいロジックの戦略を加えることにしました。

さらに投資上限・下限額を大幅に引き下げて、利回りをある程度に犠牲にしてでもドローダウンを抑える方向にシフト。

余力も今年大きく減ったので、運用開始資金も新たに設定し直す形にてスタート、ですね。

収支の方は過去最悪となっている2011年ですけども、システムトレードに関しては色々と学ばせてもらった年でもあります。

これを今からどうにか結果として報われる形になればいいかなと考えています。


【今日の取引&収支】
■持ち越し銘柄決済
5726 大阪チタニウムテクノロジーズ 買
3725円⇒3510円 100株 -21500円

5727 東邦チタニウム 買
1445円⇒1381円 200株 -12800円
1409円⇒1381円 200株 -5600円

6665 エルピーダメモリ 買
378円⇒315円 800株 -50400円


■デイトレード
2432 ディー・エヌ・エー 買
2152円⇒2229円 200株 +15400円

9104 商船三井 買
225円⇒229円 2000株 +8000円


■収支(手数料・金利等込)
-68279円


【現在の保有ポジション】
■買い銘柄:14銘柄

■売り銘柄:6銘柄


【今月の収支(手数料・金利等込)】
-282327円


【今年の収支(手数料・金利等込)】
-3637323円

スポンサード リンク

タグ

2011年11月22日||トラックバック (0)

カテゴリー:トレード日記

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabu-blog.net/mt-tb.cgi/203