寄り天で日中-100円

寄り天で日中-100円

今日の日経はものの見事な寄り天で、日中ベースで100円ほど下げた形になりましたね。

スポンサード リンク

で、そんな中の取引ですが、はっきり言って一番いやな展開になりました。

というのも、買い銘柄を新規に建てる数が多く、そして持ち越しの決済銘柄は売り銘柄が2つ、そしてデイトレードでは全て買いシグナル...。

いやー今書いていて、最悪とはこのことを言うんだろうなと痛感します。

で、今日のトータルとしては-5千円程度とそこまで痛手は負っていないのですが、問題は含み損が一気に増えたこと。

なにせ寄り付近で買い銘柄の多くを建てたため、後場に入ってからの下落で含み損が増すばかり。

売り銘柄も持ってはいますが、買い銘柄の信用建て玉の方が多く、また日経が下げる以上に株価を下げている銘柄がいくつかあるので非常に困ったものです。

もう1年中下落相場みたいなものなので、その下落の反発で少しは取り返すものの、どうしても下落時は買い銘柄はかなりきつい展開になります。

逆張りでの取引なので、もう少しマイルドに下がってくれるなりしないとだめでしょうね。

となると、過去の相場とはかなり違った相場が展開されているということ。

確かに今年の相場は超難関、異常な相場と言われていますが、ここをできるだけ低ドローダウンで乗り越えなければならないわけで。

しかし実際はかなりの痛手を負っているわけですから、これはもうストラテジーの不備と言っていいでしょう。

余力も当然減りましたし、かなり練り直しが必要になるかと。

とりあえず今後やることとしては、

・投資上限・下限を下げて利回りを犠牲にしてでもドローダウン額を減らす
・買いと売りのストラテジーのほどよいバランスの模索
・各ストラテジーの資金配分の調整
・最適分散投資のカスタマイズ

といった点をやっていかなければなと考えています。

イザナミ2のストラテジーも揃ってきましたが、まだまだ万全でもないですし、カスタマイズもまだまだ。

これからかなりの時間をかけて行っていくことになるでしょうねー。

とりあえず相場が好転してくれることを願うばかりですが、期待のできる材料も特にありませんから、基本は売り目線で考えておいて間違いないかと思います。

ま、自信があるときの予測ほどよく外れる、というより思惑を利用する方達がいますので、現状は機械的にストラテジー通りの売買を行うことが第一かなと思います。

前途多難ですね、はい。


【今日の取引&収支】
■持ち越し銘柄決済
7518 ネットワンシステムズ 売
220100円⇒213000円 2株 +14200円

1979 大氣社 売
1750円⇒1740円 200株 +2000円


■デイトレード
5726 大阪チタニウムテクノロジーズ 買
3725円⇒3685円 100株 -4000円

5727 東邦チタニウム 買
1445円⇒1439円 200株 -1200円

6665 エルピーダメモリ 買
378円⇒359円 800株 -15200円


■収支(手数料・金利等込)
-5260円


【現在の保有ポジション】
■買い銘柄:16銘柄

■売り銘柄:9銘柄


【今月の収支(手数料・金利等込)】
-105223円


【今年の収支(手数料・金利等込)】
-3460219円

スポンサード リンク

タグ

2011年11月16日||トラックバック (0)

カテゴリー:トレード日記

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabu-blog.net/mt-tb.cgi/199