リアルマーケットのレビュー

リアルマーケットのレビュー

一時期活用していた有料情報サイトとして「リアルマーケット」というサービスがありました。今回はそのレビューでも書いてみます。

スポンサード リンク

さて、このリアルマーケット、基本的には場中のシグナル配信を主としたサービスとなっていて、デイトレード・スイングトレードの2つの取引を行う方対象のサービスとなっています。

それぞれ期待ゾーンという「ここらへんの範囲で仕掛けるのがオススメ」という株価の範囲を指定されていて、その範囲でまずはエントリーします(この時同時に損切りラインも提示されます。)


■デイトレードの場合
その後の決済は自分の感性次第です。

私が使っていた時は、損切りラインを割った時以外は、全て引け付近で決済していました。


■スイングトレードの場合
デイトレードの場合と違い、スイングトレードの場合には「目標株価」という項目もメールで配信されます。

この目標株価を超えると、今度は「ここまで下がってきたら利益確定」という趣旨のメールも配信されますので、スイングトレードの方が自己裁量取引の要素が入りにくい形になっています。


HPなどで掲載されている収支成績は、「一番うまく取引できた場合」、すなわち高値で売って安値で買い戻すというようなことができた場合の収支を掲載しているので、特にデイトレードに関してはまずHPの成績通りの結果を出すのは不可能と言えます。

ただしスイングトレードの成績に関しては個人の力量が入りにくい形となっているので、HPの成績も一定の信頼性があると言えるでしょう。


私自身、それまで有料サイトを活用していた中でも一番結果が良かったのがリアルマーケットでしたので、使ってみる価値はあります。

ちなみに現時点では活用していませんが、それは自分なりのシステムトレード戦略を構築するためにあえて退会しただけで、成績に不満があった訳ではありません。


もし活用される際には、以下の点に注意するとうまく運用できるでしょう。


・携帯の方にもシグナル配信のメールが来るようにしておく
⇒場中にメールが配信され、取引には即座の対応が可能になるため

・銘柄の建て代金は平等に
⇒1つの銘柄だけ建て代金が大きくならないようにしてリスク回避

・前日に寄りで仕掛ける買・売銘柄がそれぞれ存在するのでチェックを忘れずに
⇒公式サイトからログインすると見れます

リアルマーケットのHPはこちら

スポンサード リンク

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabu-blog.net/mt-tb.cgi/59