SBI証券(旧イートレード証券)のレビュー

SBI証券(旧イートレード証券)のレビュー

メインの取引はクリック証券で行っている私ですが、情報を集めたり、板状況の把握、出来高の確認などは全てSBI証券のツールで行っています。

スポンサード リンク

手数料の安さだけで言えばクリック証券が一押しなのですが、こと情報の見やすさや量を考えると、クリック証券ではいささか足りない気がします。

出来高の確認など、注意深く画面を見ていないとクリック証券のツールでは確認できないですからね。

そこで補助ツールとして使っているのが、SBI証券の「HyperSBI」というツールです。

実際の画面はこんな感じですね。

hypersbi.jpg
(ちょっと画面がゴチャゴチャしていますが。汗)

このように、チャート機能から銘柄情報、さらには日経平均先物のリアルタイムの動きから為替などなど、かなりカスタマイズの利くツールとなっています。

ですので、例えば日経平均、マザーズ指数、ヘラクレス指数、為替などの動きを見て、すぐにそれに適した注文を出すことができるなど、かなり迅速な動きが出来るようになります。

私自身、複数のPCにインストールして、こっちは株価のボード用、こっちは指数用というように使い分けていました。

情報ツールとしてはかなり優れたものとなっていますので、個人的には「クリック証券で取引」+「SBI証券のHyperSBIで情報管理」というのが一番効率がいいのではないかと考えています。

もし今使っているツールで「この機能があればいいのに・・・。」と思うところがあれば、その部分をHyperSBIで補うことができます。

ちなみにHyperSBIは有料ツールですが、月に3回取引すれば無料で使えますので、SBI証券の口座を開設して、少しだけ入金して、そしてHyperSBIの利用権利を得て使う、という使い方だけでも口座開設をする価値は十分あります。

※口座開設はこちら⇒SBI証券

スポンサード リンク

タグ

2011年4月 2日||トラックバック (0)

カテゴリー:SBI証券

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://kabu-blog.net/mt-tb.cgi/26